ぐるーぶぐるーぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS Soul Searchin A Tribute To Quincy Jones@目黒BAJ

<<   作成日時 : 2011/02/14 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

もう1週間前か。。。音楽評論家の吉岡正晴氏主宰のイベント『Soul Searchin' The Session』を観にブルースアレイへ!
毎回1人のソウルレジェンドにスポットライトをあて、そのアーティストの、楽曲や人となりなどのエピソードなどを紹介するイベントで、今回が9回目!
過去、マービンゲイやルーサーバンドロスやアレサフランクリンなどを取上げ、その都度、凄く濃い内容の話&演奏が聴けるので、毎回楽しみにしているんだよね!

今回はソウルサーチンのイベント初となる、プロデューサーにスポットをあてるという内容で、その1回目は『クインシージョーンズ』
オープニングトークに吉岡さん、音楽監督のケイリブ・ジェームス、そして本人もレジェンドであるフィリップ・ウーが登場し、クインシーにまつわるエピソードを披露!

印象に残ったエピソードで覚えてる部分
フィリップはシアトル出身で、小学校の同級生にクインシーの甥っ子がいたそうで、その甥っ子が「僕の叔父さんはクインシーなんだよ!」って言われたらしいのだけど、当時子供だったのでそれほど偉大な人だと思わなかったらしく「ふーーん」って感じだったそう。
クインシーを意識したのはハイスクールの頃だったそうで、フィリップの通っていた高校はクインシーも通っていたそうで、先輩後輩の間がらだそう※年代は重なっていない。。。まあ当然か^^;
この高校有名人をかなり排出しているそうで、クインシーの他、なんとジミ・ヘンドリックスやブルース・リーも先輩にあたるんだとか!
会場からおお!という驚きの声が上がってたな。
因みにフィリップが始めてクインシーと会った(ライブ会場で一緒になった?)のはフィリップが『メイズ』のメンバーとしてツアーしているときに、あるフェスティバル会場だったそうで、クインシーも自身のバンドを率いて参加していた時だったそうで、クインシーの楽屋の扉は常に開いていたので、パティーオースチンなど、クインシーと仕事をしたいミュージシャンであふれかえっていたそう!

しかし、いつも思うのだけど、フィリップの話はさらりと言ってるようで、実は物凄いよな!


吉岡さんは過去クインシーに2回ほどインタビューをしているそうで、その中で「プロデュースをする上で一番大切な事は?」との質問に「とにかく良い楽曲を見つける事」という答えが返ってきたそう!
クインシー曰く「どんなにダサいヴォーカリストでも曲が最高なら輝くし、逆に曲が良くなければどんなに才能のあるヴォーカリストでも台無しになる」そう。
プロデュースする時に二番目に大切な事はと言う話になった時に、初日の話題になり、初日のトークゲストの松尾KC潔さんから、この話になった時にプロデュースする時に二番目に大切なものは「お金のかけ方?」「アレンジ?」などの質問が出たらしい。
吉岡さんがインタビューした時にクインシーは「二番目に大切な事はそのアーティストにあったテンポを見つける事」だったそう。

「テンポ?」って結構抽象的だよな。。。。そのアーティストの持っているリズムの事なのだろうか?


そして音楽監督のケイリブジェームス。
なんでも今回100数曲から20数曲に絞り込んだそうで、ケイリブ曰く「クインシーはキャリア60年でミュージックシーンの第一線から一度も落ちた事の無いプロデューサーなので、そんなクインシーの楽曲の主だったものだけでも数百曲。ブルースアレイで毎日まったく別な曲を演奏し続けても数週間かかる」ため今回のイベントのために楽曲の絞込をいくつかのシチュエーション?に分けて選曲したそうで、確か3つくらいだったかな。。。
1.日本で人気のあるクインシーの楽曲
2.世界で人気のあるクインシーの楽曲
3.ミュージシャンに人気のあるクインシーの楽曲

確かこんな感じで二十数曲選んだらしい。
ジャンルもジャズスタンダードからR&B、ラテンや映画音楽まで幅も広い!
なんでもクインシーの場合10年ごとに区切りになるアルバム(楽曲?)を出しているそうで、例えば80年代は。。。マイケルジャクソンの「スリラー」など。。。因みに現在でも世界で一番売れたアルバムになっている。

今回ライブ本編もバラエティに富んでいて物凄く面白かったな!
個人的にツボだったの『サイドワインダー』『鬼警部アイアンサイドのテーマ』ジョージベンソン&パティオースチンの『Moody’s Mood 』などのジャズ〜ジャズ寄りの楽曲がツボだったな!
特にジョージベンソンとパティオースチンはマイケルやルーサーと並んで僕が最初にブラックミュージックと遭遇する切っ掛けになったアーティストなので、プロデューサーはクインシーと言うのは知ってはいても実際にライブで楽曲が演奏されると感動的だったな!

余談だけど約30年近く前、NHK−FMだったかFM−TOKYOだったか、毎週日曜日の朝『朝のフレッシュサウンド』という洋楽中心の音楽番組があって、当時小学生だった僕は、何故か小学生なのに毎週聴いていて、偶々エアチェック(古いな。。。苦笑)した番組の回にジョージベンソンの『ターン・ユア・ラブ・アラウンド』とパティオースチンの『ドゥ・ユー・ラブ・ミー?』が連続して掛かった回があって、その録音したテープを繰り返し聴いている内に洋楽にはまり込んでいったっていう事もあって、演奏聴くと物凄くいろんな事を思い出します。
後はやっぱりTAMIAの『You Put A Moove On My Heart』デビューした時も衝撃だったけれど、2000年だったかなプロモーション来日していたTAMIAのインストアやプロモーションライブ観に行ってサイン貰ったりという思い出が蘇ってこれもツボだったな!!

その他、個人的にこのライブの演奏曲に入れて欲しかったのは、オースチンパワーズのテーマになって、曲がかかると笑いが起こってしまうようになったソウルボサノバも聴きたかったなと(笑)
因みにこの曲↓
http://www.youtube.com/watch?v=0t0fZeySNck&feature=related
あの映画以降音楽好きじゃない人でも知っている。。いいんだかわるいんだか(苦笑)
誤解の無いように書いておくと最初から映画音楽じゃないから!
楽しげな曲調だからかな。。。昔某ファッション専門学校のCMでも使われてたな。。

はーーー今回も濃かった、次回誰を特集するのかも楽しみだな!!



Soul Searchin Vol 9 A Tribute To Quincy Jones
〜Kaleb James&The Soul Searcher Featuring Philip Woo〜
2011/02/04/fri/19:40〜

セットリストなどは当然全て判るはずも無く(苦笑)
印象に残った曲など!
因みに、Set Listはこのライブイベントを主宰されているSoul Searchin 吉岡正晴さんのページに詳細が掲載されています!当日の模様のレポなどが読めます!!
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10789966086.html



バンドメンバーなど↓

★Kaleb James & The Soul Searchers featuring Philip Woo
〜member〜

Kaleb James(key/vo/Music Director)
Philip Woo(key)
マサ小浜(g)
中澤“GATZ”信栄(g/vo)
高田真(d)
Gary Scott(sax/per/vo)
Andy Wolf(sax)
息才隆浩(b)

有坂美香(vo)
Olivia Burrell(vo)
Sayulee(vo)

★Guest
Yuri(vo)
木下航志(vo/org)

★飛び入りGuest
Brenda Vaughn(vo)

★トーク・解説
吉岡正晴
Kaleb James
Philip Woo

吉岡さんのページにユーストリームで初日の模様を生中継した時の映像がアーカイブで観られるようにリンクがありました!
凄い迫力です!
出来れば初日も観たかったな!

2011年2月3日(木)「ソウル・サーチン Vol.Q」パート1(第一部)@ブルース・アレイ(約59分)
http://www.ustream.tv/recorded/12429496

2011年2月3日(木)「ソウル・サーチン Vol.Q」パート2(第二部)@ブルース・アレイ(約70分)
http://www.ustream.tv/recorded/12430651

このライブを主宰されているSoul Searchin 吉岡正晴さんのページ!
当日の模様のレポなどがあります。
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10789966086.html


過去のソウルサーチンのイベントに行った時のレポ(マービンゲイの回から全部観てる。。笑)

Soul Searchin' The Session Vol.3 A Tribute To Isley Brothers
http://oguccho.at.webry.info/200907/article_2.html

THE SOUL SEARCHIN' THE SESSION VOL.2〜A TRIBUTE TO ARETHA FRANKLIN
http://oguccho.at.webry.info/200703/article_9.html

SOUL SEARCHIN PRESENTS TOKYO SOUL SHOW Vo.1
〜The Great Diva Gray Show〜
http://oguccho.at.webry.info/200701/article_2.html

SOUL SEARCHIN' THE SESSION Vol.1〜A Tribute to Luther Vandross〜
http://oguccho.at.webry.info/200607/article_2.html

Soul Searchin' Talking Vol.5 The Truth Of Marvin Gaye
http://oguccho.at.webry.info/200604/article_2.html

Back on the Block (Reis)
Dreamworks
2005-08-09
Quincy Jones

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Back on the Block (Reis) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
吉岡です。すいません、リンク先のアドレス、上記のものですと、当該の日記にいけないので、次のアメブロにいらしてください。下記は初日の様子ですが、その後2−3日にわたってイヴェントについて書いてあります。
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10789966086.html

アメブロが「ソウル・サーチン」のメインブログで、写真なども豊富に掲載していますので、こちらをごらんいただけると幸いです。また、次回もぜひおこしください。
吉岡正晴
URL
2011/02/14 06:06
吉岡先生今晩は!
リンク先の件了解しました。後で訂正させていただきます。わざわざ書き込み有難うございました。
今回のイベントも濃い内容で楽しかったです!
次回誰を取上げるのか物凄く楽しみにしています。
そうそう、今回のグラミー予想、僕はことごとくハズレてしまいました(苦笑)
pin
2011/02/15 01:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Soul Searchin A Tribute To Quincy Jones@目黒BAJ ぐるーぶぐるーぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる